卒業研究の中間発表会が終わりました。食品からスキンケア、医薬品に及ぶテーマについて、12名全員が良い発表だったと思います。
これで満足してしまうのではなく、これまでの取り組みを振り返って、残り半年も精一杯取り組んで欲しいものです。

「調査したことから課題を洗い出し、それを解決するためにはどのような実験を実施したら良いのか。実験から得られた結果をどのように捉え、発展につなげていくのか。そこから見つかる新たな疑問もあるはず。結果に基づいて、思考を重ねていくのが重要」。

卒業研究は、研究を通して自己研鑽していく場です。身に付けた知識や技術、論理的な考え方や取り組む姿勢は、社会に出て役に立つと信じて疑いません。皆さんの今後の取り組みに期待しています!
何はともあれ、お疲れさま~!