Tokyo University of Technology Nodake-lab

スタッフ

■ 現在のスタッフは、野嶽1名です。

■ 研究員の受け入れや研究補助員の雇用を考えていきたいと思います ♪

 

教授 野嶽 勇一

専門分野 生化学,食品学,皮膚科学, 常在菌学
所属学会 日本食生活学会,日本農芸化学会,日本栄養・食糧学会,日本薬学会
略 歴 1995年 九州大学農学部農芸化学科 卒業

2000年 九州大学大学院農学研究科博士後期課程 修了

2000年 理化学研究所播磨研究所(SPring-8)研究員

2003年 国立循環器病研究センター 研究員

2006年 長崎国際大学薬学部 助手~准教授

2017年 岡山理科大学工学部 教授

2018年 東京工科大学応用生物学部 教授

 

【非常勤講師・客員研究員】

佐世保市医師会看護専門学校 非常勤講師 (生化学・生物学、2007~2016年)

大阪市立大学生活科学研究科 客員研究員 (2009~2010年)

長崎国際大学健康管理学部 兼任 (生化学、2012年)

一般財団法人博慈会老人病研究所 客員研究員 (2016~2018年)

研究の

キーワード

常在菌, 乳酸菌, 美肌菌, 発酵食品,機能性食品, スキンケア, 皮膚科学
これまでの

研究テーマ

① 乳酸菌生産物質や発酵食品が示す有用作用の解析

② 美肌菌の機能性を活用した新規スキンケア法の構築と応用

③ 既存の食品や地域の特産品が示す新たな健康機能性の発見と活用

④ 生理活性物質の作用機序の解明   等

 

「ステキな異性がいる!」と聞いたら、写真や姿を見たくなります。姿を知ることで初めて明確になることがあります。複雑な生命現象を緻密に制御するタンパク質のはたらきをより深く理解するために、「タンパク質の構造を見たい!」という衝動に駆られ、タンパク質の構造と機能を紐解く研究を始めました。

現在は「常在菌の中に含まれるいわゆる善玉菌(乳酸菌や美肌菌など)の有用機能を活用して常在菌全体を好ましい状態に改善したら、体調も肌の調子も良くなるんじゃね?」的な研究に挑んでいます。『ラクして、マサハル・フクヤマみたいにカッコ良くなって、長生きもできる!』。これが僕の究極の研究目標でしょうか …。笑

受賞歴 2011年 日本農芸化学会西日本支部 奨励賞

2012年 日本食生活学会 奨励賞

2013年 公益財団法人森永奉仕会 森永奉仕会賞

2015年 長崎国際大学 ベストティーチャー賞

2015年 公益社団法人発明協会 九州地方発明表彰 中小企業庁長官奨励賞・実施功績賞(法人が受賞)

2015年 一般社団法人長崎県発明協会 第63回長崎県発明くふう展 長崎県発明協会理事長賞

2016年 一般社団法人博慈会老人病研究所 優秀論文博慈会オープンセサミ賞

2016年 長崎国際大学 ベストティーチャー賞

2018年 ダイエット&ビューティーフェア2018 ジャパンメイド・ビューティアワード最優秀賞(共同研究開発品が受賞)

趣 味 ドラマ視聴,東スポ購読,ビール,カラオケ (ジャニーズ系のみ),

スポーツ観戦,野球, からあげクンチーズ

■ 大学公式webサイト (研究室紹介)
■ 大学公式webサイト (教員紹介)
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.